FANDOM


YAMATO2520』(ヤマト に ご に ぜろ)は、宇宙戦艦ヤマトシリーズの続編として企画・製作されたオリジナルビデオアニメである。

概要 編集

新ヤマトのデザイナーには、シド・ミードを起用。初代ヤマトの時代から300年あまり後の宇宙を舞台に若者たちの冒険を描いた。

ヤマトシリーズ第1作(宇宙戦艦ヤマト)の世界観を継承してはいるが、第1作から完結編までと違ってガミラス帝国をはじめとする地球外の星間国家・勢力はいっさい登場せず、ともに地球を起源とする地球連邦とセイレーン連邦との対立のみが描かれている。

全7巻若しくは9巻が予定されていたが、製作会社の倒産により3巻までしか発売されなかった。以後再版されず、ヤマト関係の書籍でも取り上げられていない。ただし、西崎義展東北新社の間で結ばれたヤマトシリーズに関する著作権等譲渡契約には、西崎が「将来完成させる「YAMATO 2520 VOL.4~7」等の映像著作物」[1]も対象作品として含まれている。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

星暦2520年、銀河100年戦争と呼ばれた、地球連邦とセイレーン連邦との戦いが終わってから17年後、両陣営の境界線に位置するM27球状星団の惑星リンボス。

セイレーンの軍政下で、抑圧された暮らしを余儀なくされていた若者たちは、郊外に墜落していた宇宙戦艦(第17代宇宙戦艦YAMATO)のデータディスクを発見し、その中にあった設計図を元に放置されていた自動造船工場のドックで第18代YAMATOを建造する。

しかし、そのデータディスクには、銀河100年戦争の一因となった超古代文明に関する情報も記録されており、それを巡って地球連邦とセイレーン連邦は、再び戦争を始めてしまう。

第18代宇宙戦艦YAMATO 編集

「コスモアドベンチャー式スーパー宇宙戦艦」(ナブ命名)。銀河100年戦争末期の終戦間際に沈没した地球連邦艦隊旗艦第17代宇宙戦艦YAMATOの設計データをもとに、惑星リンボスのセイレーン軍自動造船工場にて建造された。その際、セイレーンの規格に合うように改設計されている。主機関にセイレーン製モノポールエンジンを1基、補助機関にはセイレーンに鹵獲されていた地球製波動エンジンを2基採用している(ナブ自称、波動モノポールエンジン)。艦外見及び技術的にも地球製とセイレーン製との折衷となっている。第17代YAMATOに較べ、セイレーンの技術を加えられ、大幅に性能が向上している。ナブ曰く、「宇宙最強の戦艦」。艦長はトーゴー・シマ。

その特殊な建造経緯から、地球連邦軍にもセイレーン軍にも所属しておらず、軍艦ではない。第18代というのも地球連邦軍に正式に公認されたものではない。ナブとその仲間の民間人と、地球連邦軍より厚意で派遣された士官候補生達によって運用されている。軍籍に入っていないとはいえ、地球連邦に協力し、セイレーン連邦とは敵対関係にある。 通称、「第18代ヤマト」「18代ヤマト」「2520ヤマト」。

  • 全長:約400 m
  • 機関
    • 主機:モノポールエンジン:1基
    • 補機:波動エンジン:2基
  • 兵装
    • 艦首マルチモード波動砲:1門 - プラズマ波動砲(収束/拡散モード)・超波動砲(モノポール砲)・ツインノヴァ波動砲(波動・モノポールの融合砲)に切り替え可能。
    • 主砲:3連装プラズマショックカノン:12基 - 前部は上下に2列8基、後部は上下に2列4基。
    • 副砲:3連装プラズマショックカノン:4基 - 上部のみ、艦橋前後に2基ずつ装備される。
    • 副砲:2連装プラズマショックカノン:2基 - 艦橋後部の両弦ウイングに装備。
    • 副砲:3連装移動式プラズマショックカノン:2基 - 艦橋前後部中央部に装備。艦体より分離し、攻撃機としても使用可能で小型ミサイルやパルスレーザーも搭載。遠隔操作の際は波動爆弾としても使用可能らしい。
    • 恒星間弾道弾(次元跳躍ミサイル)
    • 対空連装パルスレーザー砲・ミサイルなど:多数
    • 艦載機:SR-1型多数

設定 編集

地球連邦 編集

23世紀の宇宙大航海時代を経て地球から独立した植民星と地球の間に西暦2345年に結成された恒星間連邦国家。略称はE.F(Earth Federation)。

セイレーン連邦 編集

23世紀後半、優生学的思想を理由に「ネオ・ファシスト」と呼ばれ迫害された天才科学者ブローネと、その同志たちが地球連邦の勢力圏を離れ、六分儀座C銀河に建国。地球連邦の波動エネルギー文明に対し、モノポールをエネルギー源とした文明を築き上げた。ブローネは292歳になっても、なお皇帝として君臨し続けている。

首都星は、元々は人類の生存に適さない環境で、人工太陽を設置して居住可能にしている。

セイレーン軍の艦艇には、モノポール砲を搭載した戦艦、モノポール魚雷を搭載した潜宙艦などがある。

なお、六分儀座C銀河は宣伝ビデオの内容から天の川銀河伴銀河であるろくぶんぎ座矮小楕円体銀河(en:Sextans Dwarf Spheroidal)と推測される。地球からの距離は65万光年。

M27球状星団 編集

銀河100年戦争の主戦場。モノポールが豊富に存在し、またロココ星には、古代ゴーダ文明の遺跡がある。150年ほど前に地球連邦によって開拓された。 停戦後は、グリフォン恒星系のリンボス星にセイレーン軍が、同ワグア星に地球連邦軍が駐留している。

なお、実在のM27は亜鈴状星雲と呼ばれる惑星状星雲である。

竜座銀河 編集

古代ゴーダ文明の本拠地があると推定される。宣伝ビデオの内容から、天の川銀河の伴銀河であるりゅう座矮小銀河(en:Draco Dwarf)と推測される。地球からの距離は25万光年。

M33 編集

宣伝ビデオで物語の舞台になると予告されている。地球からの距離250万光年。

各巻リスト 編集

※括弧内の日付は発売日である。

宣伝用ビデオ 編集

  • 『ヤマト・我が心の不滅の艦(ふね)-宇宙戦艦ヤマト胎動篇-』(VHSLD共に1994年2月21日)
    • 主にYAMATO2520(この時は「新・宇宙戦艦ヤマト」という仮題で呼称されていた)の製作風景やイメージ映像、ヤマトシリーズの旧作品を振り返りながらの西崎義展プロデューサーをはじめとする関係者へのインタビューの他、当時企画されていた劇場映画作品「宇宙戦艦ヤマト復活編」の製作風景や関係者へのインタビューも収録されたドキュメンタリービデオ。
  • Vol.0『銀河100年戦争』(VHS:1994年11月21日、LD:同年12月17日)

本編 編集

  • Vol.1『明日への希望』(VHS:1995年2月21日、LD:同年3月25日)
  • Vol.2『YAMATO発進!!』(VHS・LD共に1995年12月18日)
  • Vol.3『戦闘』(VHS・LD共に1996年8月25日)

1997年に製作会社が倒産し、上記のビデオソフトはいずれも販売中止となった。なお、宇宙戦艦ヤマトシリーズ旧作品のビデオも同時に販売中止となったが、こちらの方は翌年以降再び発売されている。

キャスト 編集

リンボス 編集

  • ナブ・エンシェント(錦織一清
    リンボスの少年グループのリーダー。閉鎖的なリンボスの環境に鬱屈しており、危険なレースなどで憂さを晴らしていたが沈没戦艦である第17代YAMATOの発見を機に、2大星間国家の覇権争いに巻き込まれていくこととなる。第18代YAMATOでは戦闘班長を担当。
  • マーシィ・シマ(声:桜井智
    ナブの幼馴染。セイレーン規格のコンピュータに精通している。第18代YAMATOではコンピュータオペレータとして情報解析を担当。
  • アガ・セリーヌ(声:松本保典
    もう一方の少年グループのリーダーでナブとはライバル関係。セイレーンの士官学校への入学を希望していたがセイレーン人以外は入学できないと知り、ナブ達と協力してYAMATO建造に参加することを決意する。モノポール機関の知識に詳しく、第18代YAMATOでは機関長を担当。
  • マキ(声:三石琴乃
  • コンマン(声:結城比呂
    ナブのグループに所属する少年。地球製コンピュータの操作に長けており、沈没戦艦の第17代YAMATOから見つけたデータディスクの解析をおこなった。
  • フリック(声:中村大樹
    ナブのグループに所属する少年。第18代YAMATOでは機関制御室を監督している。
  • ピート(声:林延年
  • ボブ(声:林延年)
  • ゴリ(声:真柴摩利
  • トンベ(声:山口健
  • ジョグ(声:茶風林
  • ストック(声:石井康嗣
  • モアイ(声:石井健嗣)
  • ハチマキ(声:中博史
  • ケムシ(声:千葉一伸
  • ドク(声:千葉一伸)
  • ローズ(声:岡村明美
  • ミミ(声:岡村明美)
  • エミリオ(声:堀内賢雄
  • スピード(声:千葉繁
  • カール(声:岡野浩介
  • スーシャ(声:吉田古奈美
  • メガネ(声:置鮎龍太郎
    副砲管制を担当。
  • トーゴー・シマ(声:永井一郎
    ナブとマーシィの保護者。かつては地球連邦軍の軍人で、第17代YAMATOの艦長だった。第18代YAMATOでも艦長を務める。

地球連邦編集

  • シュミット大佐(声:山口健)
    ロココ星に駐留している地球連邦宇宙軍第7艦隊の司令。シマとは旧知の仲。
  • トンプソン(声:成田剣
  • レノン・オサリバン訓練生(声:子安武人
    地球連邦第9士官学校訓練生。セイレーン艦隊がロココ星を奇襲した際に緊急に戦闘機で出撃。ワープアウトした第18代YAMATOに遭遇する。以降、他の訓練生と共にYAMATOに乗り込む。YAMATOでは副長を担当。

セイレーン連邦 編集

  • リキヤード少佐(声:神谷明
    セイレーン軍リンボス駐留部隊司令。将来を嘱望されたエリートだったが左遷されリンボスに派遣されている。ナブ達の境遇にも理解を示す話の判る人物で地球との戦いをなんとか回避しようとするが失敗する。リンボス崩壊後は冷酷な性格となり、YAMATO撃沈に執念を燃やす。
  • パッカード少尉(声:梅津秀行
    リンボス駐留部隊の士官。
  • アメシス少尉(声:麻上洋子
    ブローネの末子。リキヤードに入れ込んでいる。
  • 下士官(声:岩永哲哉
  • 兵士(声:北島淳司
  • レーダー担当兵士(声:河合義雄
  • スラウザ少佐(声:若本規夫
    皇帝親衛隊長
  • マスカネン元帥(声:中田浩二
    中央科学局長官でブローネの地球脱出以来の同志。270年間ブローネの体をメンテナンスしている。
  • ネロス司令官(声:飯塚昭三
    外宇宙軍総司令官
  • ブローネ皇帝(声:伊武雅刀
    天才科学者だが、優性人種覇権主義を提唱したためネオ・ファシストとして迫害を受け、同志と共に地球を出奔。セイレーン連邦を建国し皇帝となる。クローン代謝処置により長寿となっている。セイレーン側のゴーダ文明研究の第一人者でもある。

その他 編集

  • コンピュータボイス(声:高島雅羅
  • 古代宇宙人(声:高島雅羅)
  • ナレーション(声:広川太一郎

スタッフ 編集

出典 編集

  1. 平成 11年 (ワ) 17262号 著作権損害賠償等請求事件 1審判決文

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はYAMATO2520にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。