FANDOM


藤堂 平九郎(とうどう へいくろう)は、アニメ宇宙戦艦ヤマト』の登場人物。(伊武雅之、ゲーム版は大木民夫)実写映画版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』での俳優は橋爪功

地球防衛軍司令長官。沖田十三土方竜の先輩にあたる、歴戦の宇宙戦士。シリーズを通して「沖田の子どもたち」であるヤマトクルーの良き理解者であった。藤堂晶子という美しい孫娘がいる。「藤堂平九郎」の名は、日露戦争日本海海戦での連合艦隊司令長官・東郷平八郎に由来するものという説もあるが、新選組隊士藤堂平助がモデルであるとも考えられる。西崎プロデューサーによれば、沖田、土方とヤマト艦長には新選組隊士にある名字が続いたため、次の艦長も新選組隊士にある名字から採ることになり、山南にしたと言う。この司令長官の名字も新選組隊士から採ったと言われていたテンプレート:要出典

宇宙戦艦ヤマト 編集

防衛軍司令長官とヤマト計画本部長を兼ねて、ガミラスの地球侵略に抵抗するとともに、宇宙戦艦ヤマトを秘密裏に建造し、最初は選ばれた人間を乗せて地球脱出計画を立案策定していた。しかし、イスカンダルから波動エンジンの設計図がもたらされたことにより計画を変更し、ヤマトをイスカンダルへ向かわせる。

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 編集

引き続いて地球防衛軍司令長官に就任。地球連邦にあって、陸・海・空・宇宙軍を統括することになった。古代の報告を受けて開かれた防衛会議では、大多数の政治家や高級軍人に危機感が無く、それらに押しきられる形でヤマトの廃艦を古代たちに告げる。しかし、ヤマトの乗組員たちが職場を放棄してヤマトで地球から出発する際には、空間騎兵隊の斎藤始らを同乗させる配慮をした。ヤマトが強行発進した直後、司令部の長官席で、スクリーンに映るヤマトに向け、敬礼しながら「沖田の子供たちがゆく…」と呟く。

宇宙戦艦ヤマト2 編集

あくまでヤマト発進を阻止しようとする参謀に対してマグネットミサイルの信管を抜くように命令した。また、降伏文書調印に地球側全権の一人として都市帝国に向かおうとするが、その途上、ヤマトの連絡を受けて首相を説得、船を反転させる。

宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち 編集

デスラーからの救援要請を受けたが出撃をためらう古代を説得、ヤマトを派遣した。

ヤマトよ永遠に 編集

暗黒星団帝国カザンにヤマトの所在を明らかにせよと要求された際に拒否し、一時処刑されかけたが、古代守の一身を賭した自爆によって救われた。地下に潜伏し、パルチザンを組織し抵抗を繰り広げた。

宇宙戦艦ヤマトIII 編集

宇宙移民本部長を兼ねた。なお、「藤堂平九郎」のフルネームが劇中で用いられたのは、この作品からであり、「ヤマトよ永遠に」以前は、氏名不詳のまま単に「(地球防衛軍)司令長官」との役名で登場していた。[1]

宇宙戦艦ヤマト完結編 編集

沖田十三を再びヤマトの艦長に任命した。

脚注 編集

  1. 「ヤマトよ永遠に」のパンフレットには藤堂平九郎の表記がある、また若桜木虔による「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」のノベライズ(集英社文庫コバルトシリーズ、1978年、監修・西崎義展)では、「毛利元輝」と名付けられていた。