FANDOM


山本 明(やまもと あきら)は、アニメ宇宙戦艦ヤマト』に登場する、架空の人物。ヤマト艦載機隊(通称ブラックタイガー隊/コスモタイガー隊)所属のパイロット。

野村信次、曽我部和行(現:曽我部和恭)、岡幸二郎(ゲーム版『さらば』)、伊藤健太郎(ゲーム『イスカンダルへの追憶』以降)実写映画版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』での俳優は斎藤工


ヤマトが月軌道においてワープテストの準備中に、ガミラス高速空母より発進した艦載機の迎撃にブラックタイガーに乗って出撃、交戦中に被弾する。ワープテスト開始時刻が迫る中、自らの帰還よりテスト決行を優先するよう進言するが、古代の着艦指揮のおかげでぎりぎりのところで間に合う。

第2作の『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』および『宇宙戦艦ヤマト2』では、加藤三郎同様に月面基地(月面司令部航空隊所属)から多くの仲間とヤマトに合流。しかし、ガトランティスとの戦いで、要塞都市突入の際、対空砲火から古代のコスモタイガーII宇宙戦艦ヤマト2ではコスモゼロ)をかばって被弾、敬礼を残して愛機とともに都市下部に激突し死亡した。

ゲーム版では、激突直前に機体から脱出し、かろうじて生還。その後、加藤の後をついでコスモタイガー隊の二代目隊長となる。

「明」とのファースト・ネームが設定されたのは第2作以降であり、パート1では「山本」との苗字のみの設定だった。これは、当初は一度限りのエピソード・キャラクターでしかなかった彼が、片目を隠した長髪の髪型と、そのスマートなキャラクター設定から図らずも女性ファンの人気を呼んだためで、これを受けてファースト・ネームの設定と共に、第2作での活躍の場を与えられたものである。 また、1作目では古代の部下は全員「戦闘班」という括りで、砲術部門と艦載機部門の班員の明確な区別がされず、隊長の加藤三郎を除くブラックタイガー隊員は、古代や南部のような砲術班と同じ白地に赤矢印の制服を着ており、山本もそのデザインの制服だった。2作目以降、コスモタイガー隊員が加藤と同じ黒地に黄矢印の制服に変わってからは、彼もまた同じデザインの服に変更され、キャストも曽我部和恭に固定された。