FANDOM


宇宙戦艦ヤマト2199
ジャンル SF
アニメ
原作 西崎義展
総監督 出渕裕
シリーズディレクター 榎本明広(チーフディレクター)
シリーズ構成 出渕裕
キャラクターデザイン 結城信輝、山岡信一(ゲスト)
メカニックデザイン 玉盛順一朗、石津泰志、山根公利、出渕裕
音楽 宮川彬良
アニメーション制作 XEBECAIC
製作 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
放送局 未定
放送期間 2013年以降予定 -
話数 全26話予定
漫画:宇宙戦艦ヤマト2199
作者 むらかわみちお
出版社 角川書店
掲載誌 ニュータイプエース
発表号 Vol.07 -
インターネットラジオ:YRAラジオヤマト
配信期間 2012年3月26日 -
配信サイト 音泉
配信回数 全26回予定
DJ 岬百合亜(声 - 内田彩
AU09 / アナライザー(声 - チョー
提供 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
テンプレート使用方法 ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

宇宙戦艦ヤマト2199』(うちゅうせんかんヤマト2199、SPACE BATTLESHIP YAMATO 2199)は、2012年に劇場先行公開およびビデオソフト先行発売、2013年以降にテレビ放送予定のアニメ作品。

概要 編集

概説 編集

本作は、1974年に讀賣テレビ放送日本テレビ放送網でのテレビ放送を経て社会現象と評されるに至った[1]、『宇宙戦艦ヤマト』第1作(以降、「旧作」)を原典とする38年ぶりのリメイク作品であり、素材そのものは完全新作アニメとして制作される。

総監督に出渕裕、キャラクターデザインに結城信輝を起用し、アニメ制作はXEBECAICが担当する。

音楽は、旧作で音楽を手掛けた宮川泰の実子である宮川彬良が担当する。なお、旧作用の音源テープは劣化して使えず、譜面も現存していないため、宮川彬良は耳コピーで本作用に曲を起こしたという[2]

本作はテレビシリーズとして制作されるが、テレビ放送に先駆けて2012年4月7日から全国10映画館で先行イベント上映が予定されている[3]。また、それに並行して有料配信やビデオソフト販売が予定されている[4]

YouTubeの松竹公式チャンネルをはじめ、インターネットの各所で本作のPVが公開されている[5]

企画・経緯 編集

企画は何度もの頓挫を経て、2007年後半に始動した。当時はテレビアニメ版『地球へ…』のアニメ制作を担当していた南町奉行所や東京キッズが本作でもアニメ制作を担当する方向にあり、同作の脚本に参加していた出渕裕が本作の監督として推薦された。『宇宙戦艦ヤマトIII』や『宇宙戦艦ヤマト 完結編』にメカニックデザイナーとして参加していた出渕裕は、旧作の本放送時からのファンであることを公言している一方、複雑化した権利関係[6]への懸念も持っており、リメイクに際しては庵野秀明の監督下で彼の参謀に就きたいと思っていたため、自らへの監督就任依頼には考える部分もあったが、前者については依頼時点には解決の方向へ向かっていた上、後者については『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの総監督で手一杯となっていた庵野秀明の状況を汲み、依頼を快諾した[7]

その後、アニメ制作は『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の制作に関わっていたXEBECやAICへ移管された。また、近年のデジタル制作に不可欠なCGについては『機動戦士ガンダム MS IGLOO』の制作に関わっていたSUNRISE D.I.D.が参加している。

監督を引き受けた出渕裕に対し、彼の周りからは本作を火中の栗に例えて危ぶむ声も出たが、結局は4年以上の制作期間を経て陽の目を見ることとなった本作の出来について、出渕裕は2012年2月18日に開催されたイベント「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜」で本編第1話の初公開を終えた後、最小公倍数や最大公約数に例えた満足や自負を述べている[8]

なお、タイトル決定までの仮タイトルは『新・宇宙戦艦ヤマト』だった[9]。また、生前の西崎義展は出渕裕が提出した物語の全体構成の草案に、3か所だけ駄目出しを行ったという[10]

取捨選択・再構築 編集

旧作からのリメイクに際し、取捨選択や再構築が行われた部分は多岐に渡る。以下はその一例。登場キャラクターのそれについては#登場キャラクターを、登場メカのそれについては#登場メカをそれぞれ参照。

  • ヤマト戦艦大和の残骸からの改造ではなく、戦艦大和の残骸に偽装して建造[11]
  • ヤマト乗組員の所属名や階級を変更や細分化[11](詳細は#ヤマト乗組員を参照)。
  • 大マゼラン星雲の呼称を、2012年の現実に倣って大マゼラン銀河へ改称。地球からの距離も、同様の理由で14万8千光年から16万8千光年へ変更[11]
  • ガミラスが地球汚染に用いた物質を変更[8]
  • ヤマトの艦内作業に3交代制を導入。森雪が兼任していた多数の役割も、同様の理由で新規に追加した女性キャラクター達へ分担[10]

イベント暦 編集

テレビでの単独特番については#特別番組、映画館での先行イベント上映については#先行上映をそれぞれ参照。

  • 2011年
    • 11月11日 - 『宇宙戦艦ヤマト』ポータルサイト「YAMATO CREW」に、「2011年11月12日午前8時、ヤマトクルーに集え!」との告知が掲載された[12]
    • 11月12日 - 情報解禁日。『機動戦士ガンダムUC episode4 重力の井戸の中で』のイベント上映開始直前に特報が公開された[13]他、「YAMATO CREW」には総監督の出渕裕による決意表明[14]、アニメ評論家の氷川竜介によるイントロダクション[15]、そして本作の概要[16]が掲載された。また、それとは別に本作の公式サイトも開設された。
    • 12月2日 - YouTubeの松竹公式チャンネルをはじめ、インターネットの各所でPV第1弾が公開された[5]
    • 12月9日 - 2012年2月18日によみうりホールでイベント「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜」を開催することが発表された[17]
  • 2012年
    • 1月27日 - オープニングアニメーションの絵コンテを庵野秀明が担当することが発表された[18]
    • 2月18日 - 「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜」当日。本編第1話が初公開された他、オープニングテーマ共々第3話から用いられるオープニングアニメーション[19]が初公開された。また、オープニングテーマをささきいさおが担当する[20]ことや、旧作からのリメイクに際して設定を再構築した[8]ことも発表された。[21]
    • 2月21日 - 「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜」の終盤で初公開されたPV第2弾が、インターネットでも公開された[22]
    • 2月27日 - 劇場先行公開・ネット配信・BD発売を同時進行することや、テレビ放送が2013年以降になることが発表された[23]
    • 3月2日 - NHKの『MAG・ネット』で、「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜」が紹介された[24][25]
    • 3月8日 - TOKYO MXの『アニメTV』で、「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜」が紹介された[26]
    • 3月25日 - 名古屋と大阪で、「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜」の特別上映会が開催された。本編第1話が上映された他、「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜」のドキュメンタリー映像も上映された[27][28][29]
    • 3月30日 - 12:00に、バンダイチャンネルで第1話の冒頭約10分の先行無料配信が4月6日12:00までの期間限定で開始された[30]
    • 4月6日 - 『MAG・ネット』で、本作が紹介された。3月2日放送分とは違い、「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式〜俺たちのヤマトSP〜」のことだけではなく、PV第2弾へのインターネットにおける反響が紹介された他、『宇宙戦艦ヤマト』シリーズへの世代を超えた反響が、『機動戦士ガンダム』や『新世紀エヴァンゲリオン』と併せ、ゲストの氷川竜介によって解説された。また、本作のCG素材の制作風景や出渕裕へのインタビューなども紹介されている[31]

反響・紹介 編集

#概説での理由から本作は反響を呼んでおり、旧作当時のようなアニメ雑誌だけに留まらず、それ以外の類の雑誌でも紹介されている。

  • メガミマガジン(学研パブリッシング) - 旧作当時は存在していなかった美少女キャラクター雑誌。2012年5月号に「新生『ヤマト』は萌え度UP!」と題して紹介。森雪をはじめ女性陣の紹介の他、結城信輝描き下ろしのヤマト艦内服に準えた水着姿の雪のピンナップを掲載[32]
  • GoodsPress(徳間書店) - 男性向けの様々なグッズを紹介するモノ雑誌。2012年5月号に「宇宙戦艦ヤマト 新たなる伝説」と題して紹介。旧作やその関連商品の紹介を交えながら本作の特集を掲載[33]
  • 週刊ポスト(小学館) - 30代から40代の男性サラリーマンを主な読者層とする総合週刊誌。2012年4月13日号に「ヤマトを作った『陰の立役者』たち」と題した本作の紹介やスタッフへのインタビュー、「ヤマトが救う『現代の終末感』」と題した医学博士の吉田たかよしやお笑いタレントの天野ひろゆきへのインタビューなどを掲載。また、表紙や誌名にちなんで「週刊ヤマト」とロゴを綴り、結城信輝描き下ろしの森雪が描かれた裏表紙も掲載[34]

登場キャラクター 編集

リメイク作品という性質に加えて個別の項目が多数存在していることを踏まえ、旧作から引き続き登場する者については簡単な説明や旧作との差異を記述するに留め、詳細は個別の項目を参照するものとする。

設定の再構築に伴い、旧作で設定のみの存在だった者や続編から登場したために共演しなかった者などにも、本作では改めて設定が起こされ、本編へ登場している。なお、一部の人物の頭髪にはアホ毛が存在するが、これは現実の2009年時点[35]における流行を踏まえ、出渕裕の反対を押し切る形で設定されたものである[11]

地球 編集

ヤマト乗組員 編集

本作では戦術科は白地に赤のライン(掌帆は濃いオレンジ地に黒のラインのツナギにベストにキャップ)、航空隊は黒地に黄色いラインにフライトジャケット、航海科は白地に緑のライン、船務科は黄色地又はオレンジ地に黒のライン(衛生・女子はベージュ地に黒のラインの太腿でセパレート)、主計科はオレンジ地に黒のライン、技術科男子は白地に青のライン、技術科女子は青地に黒のライン、機関科は白地にオレンジのライン、保安部は灰色地に黒のラインのユニフォームである。

階級も明らかにされており、各ユニフォームには肩章が付いている。宙将は「IIII」、一佐は「III>」、三佐は「I>」、一尉は「III」、二尉は「II」、三尉は「I」(以上金線)、准尉は「II」、下士官は「I」(以上銀線)で表される(ヤマト以外の佐官や尉官には銀線もあるため、准士官・下士官は線なし)[36][37]

沖田十三(おきた じゅうぞう)
声 - 菅生隆之
艦長。57歳。国連宇宙軍・連合宇宙艦隊司令長官。階級は宙将(提督)。福島県出身。
古代進(こだい すすむ)
声 - 小野大輔
戦術科士官。戦術長。2178年7月7日生。20歳。階級は一尉(一等宙尉)。神奈川県出身。
本作では髪型(の立体的解釈)や年齢、ヤマト乗艦までの経緯が変更されている。
島大介(しま だいすけ)
声 - 鈴村健一
航海科士官。航海長。2178年8月1日生。20歳。階級は一尉。沖縄県出身。
本作では眉毛が細く、モミアゲも短く変更されている。また、ヤマト乗艦までの経緯も変更されており、父がガミラスとの戦いで戦死したため、実家は母子家庭となっている。
弟に次郎(じろう、声 - 小松未可子)がおり、「航宙安全御守」を持って島のヤマト乗艦時に駆け付ける。島の母は、夫にそれを携帯させなかったことを悔いていた。
森雪(もり ゆき)
声 - 桑島法子
船務科士官。船務長。19歳。階級は一尉。
本作では生活班長(本作での主計長)や看護婦(本作での衛生士)を兼任していない。それらの役割は、玲や真琴などが分担している[10]
真田志郎(さなだ しろう)
声 - 大塚芳忠
技術科士官。技術長兼副長。29歳。階級は三佐(三等宙佐)。長野県出身。
本作では眉毛が細めながらも明確に描かれており、モミアゲは顎の両端へ届くほど長く変更されている。
徳川彦左衛門(とくがわ ひこざえもん)
声 - 麦人
機関科士官。機関長。62歳。階級は三佐。愛知県出身。
家族に、長男の彦七(ひこしち、声 - 吉開清人)、次男の太助(たすけ、声 - 岡本信彦)、彦七の嫁の菊子(きくこ、声 - 三浦綾乃)、孫のアイ子(声 - 不明)がいる。
実はヤマト乗艦日の2か月後には退役する予定だった。
南部康雄[38](なんぶ やすお)
声 - 赤羽根健治
戦術科士官。砲雷長。21歳。階級は二尉(二等宙尉)。東京都出身。
本作では頭髪が短髪へ変更されている。また、ヤマト建造に携わった南部重工の御曹子という設定が明確化された[39]
相原義一(あいはら よしかず)
声 - 國分和人
船務科士官。通信長。22歳。階級は三尉(三等宙尉)。岩手県出身。
本作では眉毛が細く、前髪が短く変更されている。
太田健二郎(おおた けんじろう)
声 - 千葉優輝
航海科士官。気象長。21歳。階級は三尉。大阪府出身。
本作では逆立った髪型へ変更されている。また、頬のそばかすが明確化された。
佐渡酒造(さど さけぞう)
声 - 千葉繁
衛生長。艦医。57歳。階級は二佐相当官(軍属)。新潟県出身。
本作では目の瞳や鼻の穴を明確に描かれた顔立ちへ変更されている。また、最初から沖田の主治医を務めており、土方の依頼を受諾してヤマトへ乗艦する[10]
榎本勇(えのもと いさみ)
声 - 藤原啓治
掌帆長(戦術科)。先任伍長。36歳。階級は宙曹長。青森県出身。
新見薫(にいみ かおる)
声 - 久川綾
技術科士官。情報長。27歳。階級は一尉。京都府出身。
ミディアム、下ぶち眼鏡、お姉さま的な魅力が特徴[40]。真田に信頼されている。
山本玲(やまもと あきら)
声 - 田中理恵
主計科士官。19歳。階級は三尉。火星アルカディアシティー出身。
ショートカット、アホ毛、ミステリアスな雰囲気が特徴[9]。旧作における雪の役割を分担する者の1人である[10]が、玲自身はパイロットとして戦死した兄の明生[41]と同様に、航空隊を志願していた[42]
原田真琴(はらだ まこと)
声 - 佐藤利奈
衛生士(軍属)[43]。21歳。秋田県出身。
ボブカット、アホ毛、巨乳、おっちょこちょいが特徴[44]。旧作における雪の役割を分担する者の1人であり[10]、佐渡と共にヤマトへ乗艦する。
岬百合亜(みさき ゆりあ)
声 - 内田彩
船務科士官候補生。17歳。階級は准尉(准宙尉)。山口県出身。
ツインテール、霊感体質、ロリっぽい雰囲気が特徴[45]。旧作における雪の役割を分担する者の1人であり[10]、第一艦橋で彼女の交代要員を務める。
加藤三郎(かとう さぶろう)
声 - 細谷佳正
戦術科士官。航空隊長。23歳。階級は二尉。北海道出身。
本作では左眉上に傷がある。
篠原弘樹(しのはら ひろき)
声 - 平川大輔
戦術科士官。航空隊副隊長。24歳。階級は三尉。栃木県出身。
立場は旧作の山本明に相当する。
山崎奨(やまざき すすむ)
声 - 土田大
機関科士官。応急長。45歳。階級は二尉。熊本県出身。
薮助治(やぶ すけじ)
声 - チョー
機関科員。機関士。33歳。階級は一曹(一等宙曹)。三重県出身。
平田一(ひらた はじめ)
声 - 伊勢文秀
主計科士官。主計長。23歳。階級は一尉。元、戦艦キリシマ乗組員。
伊東真也(いとう しんや)
声 - 関俊彦
保安部士官。保安部長。28歳。階級は二尉。滋賀県出身。
星名透(ほしな とおる)
声 - 高城元気
保安部員。18歳。階級は准尉。東京都出身。
AU09(エーユー・オーナイン) / アナライザー
声 - チョー
「解析担当クルー」ロボット。
外形は旧作と同様であるが、本作では正式名称「ロ-9型自律式艦載分析ユニット」や、その略称型番「AU09」が設定された。しかし、自身は正式名称や略称型番を嫌って「アナライザー」を自称するという設定になっている。また、ヤマト乗艦までの経緯が変更されており、旧作で行っていた雪のスカートめくりも行わなくなっている[10]

その他 編集

古代守(こだい まもる)
声 - 宮本充
駆逐艦ユキカゼ艦長。28歳。国連宇宙海軍・連合宇宙艦隊所属士官。階級は三佐。進の兄。神奈川県出身。
土方竜(ひじかた りゅう)
声 - 石塚運昇
国連宇宙軍・空間防衛総隊司令官。56歳。階級は宙将。東京都出身。
旧作では無かった沖田との共演がある。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』や『宇宙戦艦ヤマト2』と同様に、古代や島の恩師。
藤堂平九郎(とうどう へいくろう)
声 - 小川真司
地球連邦・極東管区行政長官。ヤマト計画本部長。59歳。高知県出身。
芹沢虎鉄(せりざわ こてつ)
声 - 玄田哲章
国連宇宙軍・極東管区軍務局長。階級は宙将。55歳。茨城県出身。
地球脱出計画(イズモ計画)推進派。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』や『宇宙戦艦ヤマト2』以降に登場していた参謀。
山南修(やまなみ おさむ)
声 - 江原正士
第1艦隊旗艦・戦艦キリシマ艦長。48歳。階級は一佐(一等宙佐)。兵庫県出身。
目の形や肌の色、頬髯や顎鬚など、旧作とは大きく異なる顔立ちへ変更された。また、旧作では姓のみ設定されていたが、本作ではフルネームが設定された[46]
国連関係者
国連事務総長(声 - 菊本平)、北米代表(声 - 板取政明)、中東代表(声 - 佳月大人)、欧州連合代表(女性、声 - 不明)といった面々が登場する。全世界がエネルギー枯渇状態にある中、ヤマトへ一縷の望みを繋ぎ、貴重な電力を次元波動エンジン起動のために供給してくれる。

イスカンダル 編集

スターシャ・イスカンダル
声 - 井上喜久子
旧作におけるスターシャ。イスカンダルの女王。
本作では衣装が変更されている。
サーシャ・イスカンダル
旧作におけるサーシャ。
本作では衣装が変更された他、スターシャの妹かつユリーシャの姉であり、地球への2人目の使者という設定へ変更された。旧作でスターシャから託された地球人類へのメッセージカプセルも、本作では次元波動エンジンの核「波動コア」という設定になっている。旧作と同様に、火星到着時(2199年1月17日)に死亡。墓碑銘には、「遠き星よりの使者、ここに眠る」と刻まれた。
ユリーシャ・イスカンダル
スターシャとサーシャの妹。
物語開始の1年前、スターシャから1人目の使者として次元波動エンジンの設計図や地球人類へのメッセージを託され、地球へ向かった。

ガミラス 編集

旧作の物語序盤と同様に、一部の人物には肌が青くない者が存在するのは、「ガミラスが植民地化した惑星の人々を帝国へ取り込んでおり、植民地出身で肌色種のシュルツやガンツは二級市民」という設定が追加されたためである[8]。また、本作では各々にファーストネームが設定された他、言語学者の監修によるガミラス語も設定されており[47]、会話シーンの台詞に字幕が入る。

アベルト・デスラー
旧作におけるデスラー。
本作では肩書きが「大ガミラス帝星総統」へ変更されている[48]
エルク・ドメル
旧作におけるドメル。
本作ではモミアゲが頬止まりと短く変更されている。
ヴァルケ・シュルツ
声 - 島香裕
旧作におけるシュルツ。
冥王星前線基地司令官。階級は大佐。本作ではガミラスに併合された惑星ザルツの出身であり、ガミラス本国に妻と娘が居るという設定が追加された。
ゲルフ・ガンツ
声 - チョー[49]
旧作におけるガンツ。
冥王星前線基地副司令。階級は少佐。本作ではシュルツと同じく惑星ザルツ出身であり、冥王星駐留以前から彼の副官を務めているという設定が追加された。

登場メカ 編集

#登場キャラクターと同様に、リメイク作品という性質に加えて個別に多数の項目が存在していることを踏まえ、旧作から引き続き登場するメカについては種別・級・全長・識別番号といった簡単な説明や旧作との差異を記述するに留め、詳細は個別の項目を参照するものとする。国連宇宙軍の識別番号で「BBS」は「Space Battleship(宇宙戦艦)」、「CAS」は「Space Armored Cruiser(宇宙装甲巡洋艦 / 宇宙重巡洋艦)」、「DDS」は「Space Destroyer(宇宙駆逐艦)」をそれぞれ表す。

国連宇宙軍 編集

宇宙戦艦ヤマト
本作の主役戦艦。全長333m。乗組員数999名。識別番号BBY-01。外形は旧作と同様であるが、波動エンジンに「次元波動エンジン」、波動砲に「次元波動爆縮放射機」とそれぞれ正式名称が設定された[50]
金剛型宇宙戦艦キリシマ
沖田が座乗する宇宙戦艦。第1艦隊旗艦。全長205m。識別番号BBS-555。
村雨型宇宙巡洋艦ムラサメ
国連宇宙軍の巡洋艦。全長152m。識別番号CAS-707。
磯風型突撃宇宙駆逐艦3番艦ユキカゼ
古代守が艦長を務める宇宙駆逐艦。全長80m。識別番号DDS-117。
零式52型空間艦上戦闘機 コスモゼロ
ヤマトに艦載されている宇宙戦闘機
99式空間戦闘攻撃機 コスモファルコン
コスモゼロと共にヤマトに艦載されている宇宙戦闘機。
空間汎用輸送機SC97 コスモシーガル
ヤマトに艦載されている輸送機。
100式空間偵察機
ヤマトに艦載されている偵察機。

イスカンダル(登場メカ) 編集

ジェヘラザード
旧作における、サーシャが搭乗していた宇宙船。国連宇宙軍が用いた暗号名では「アマテラス」と呼ばれる。より曲線的な形状へ変更されている他、搭載されている脱出艇の形状も変更されている。

ガミラス軍 編集

ガイデロール級航宙戦艦
旧作におけるシュルツ艦。全長350m。
ハイゼラード級航宙戦艦
本作で新たに設定されたガミラス軍艦艇。現段階では設定画しか公開されておらず、詳細は不明。
形状はガイデロール級に類似しているがより大型で、ガミラス軍艦艇特有の「目玉」状の発光部は艦舷中央に存在する。兵装は艦橋前部に他のガミラス軍艦艇と異なる、砲身を有した3連装砲塔を2門装備している他、「目玉」の上部にミサイル発射管らしき物を片舷6基、計12基装備している。
デストリア級航宙重巡洋艦
旧作における駆逐型デストロイヤー艦。全長270m。デザイン面での大きな変更はない。
ケルカピア級航宙高速巡洋艦
旧作における高速巡洋型クルーザー。全長240m。
クリピテラ級航宙駆逐艦
旧作における駆逐型ミサイル艦。全長160m。
ポルメリア級強襲航宙母艦
旧作における高速空母。
ガイペロン級多層式航宙母艦
旧作における三段空母。艦首の形状が変更されている。
戦闘攻撃機DWG229 メランカ
旧作における高速空母艦載機。ポルメリア級の艦載機で、外形は旧作における複座型から単座型へ変更された。また、塗装も変更されている。
偵察機FG156 スマルヒ
旧作における高速偵察機。より曲線的な形状へ変更されている。
惑星間弾道弾
旧作における超大型ミサイル。

登場勢力・登場天体 編集

国連宇宙軍 (UNCF)
旧作における地球防衛軍。本作では日本の管轄における作戦や階級の呼称に、海上自衛隊のそれを準えた設定が追加されている。
イスカンダル
ガミラス

スタッフ 編集

主題歌・挿入歌 編集

オープニングテーマ「宇宙戦艦ヤマト
作詞 - 阿久悠 / 作曲 - 宮川泰 / 編曲 - 宮川彬良 / 歌 - ささきいさお
本作向けの新録音である[20]
第一章エンディングテーマ「星が永遠(とわ)を照らしている」
作詞 - 畑亜貴 / 作曲 - 黒須克彦 / 編曲 - 市川淳 / 歌 - 結城アイラ
挿入歌「宇宙船乗りの歌」
作詞 - 出渕裕

各話リスト 編集

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出キャラクター作画監督メカ作画監督メカ総作画監督旧作との対比
第1話イスカンダルの使者出渕裕榎本明広高見明男石原満、前田明寿西井正典第1話に相当
第2話我が赴くは星の海原出渕裕榎本明広前田明寿石原満第2話、第3話に相当

特別番組 編集

2012年4月1日に、先行上映記念特別番組『「宇宙戦艦ヤマト2199」上映直前!〜俺たちのヤマトSP〜』が、サンテレビで22:00から、TOKYO MXで同日22:30から、それぞれ放送された[51][29]

2012年4月6日に、21:00から公開記念特別番組『宇宙戦艦ヤマト2199公開記念特別番組〜新生ヤマト発進宣言〜』[52]が、21:30から先行放送第1話「イスカンダルの使者」[53]が、それぞれファミリー劇場で放送された。前者のナレーターは、旧作で島大介役を演じていた仲村秀生

先行上映 編集

テレビシリーズ全26話を七章に分け、2012年4月7日から第一章「遥かなる旅立ち」を、同年6月30日から第二章「太陽圏の死闘」を全国10館で先行上映予定(第二章以降は各4話構成)。第一章上映期間中には、劇場限定版・第1話絵コンテ集付きBDが劇場で発売される[54]。また、上映と同時にひかりTVでも配信される[55]が、これに先駆けて同年3月26日には第1話の冒頭約10分の無料配信が開始された。

上映内容
  • 第一章「遥かなる旅立ち」(第1話「イスカンダルの使者」、第2話「我が赴くは星の海原」)
  • 第二章「太陽圏の死闘」(第3話「木星圏脱出」、第4話「氷原の墓標」、第5話「死角なき罠」、第6話「冥王の落日」)

2012年4月7日には、新宿ピカデリーで第一章の公開初日舞台挨拶が行われ、出渕裕菅生隆之芹那がゲストに登場した[56][57]

2012年4月17日、新宿ピカデリーにて「たっぷりヤマトークナイト・第一章」が開催される事が決定した。「たっぷりヤマトークナイト」は、第二章以降も上映2週目に新宿ピカデリーにて随時、実施予定である。

都道府県 上映館
東京都 新宿ピカデリー
神奈川県 横浜ブルク13
千葉県 MOVIX柏の葉
埼玉県 MOVIXさいたま
栃木県 MOVIX宇都宮
愛知県 ミッドランドスクエア シネマ
大阪府 なんばパークスシネマ
京都府 MOVIX京都
北海道 札幌シネマフロンティア
福岡県 福岡中洲大洋

ビデオソフト 編集

第一章「遥かなる旅立ち」
  • 劇場限定版BD(BCXA-0485)が2012年4月7日に発売された[23]
  • 一般流通用のBD(BCXA-0485)・DVD(BCBA-4316)が2012年5月25日に発売開始予定[23]
第二章「太陽圏の死闘」
  • 一般流通用のBD(BCXA-0486)・DVD(BCBA-4317)が2012年7月27日に発売開始予定。

漫画 編集

角川書店の『ニュータイプエース』Vol.07(2012年3月10日発売)から、むらかわみちおの作画による漫画版が連載中。

ネットラジオ 編集

インターネットラジオステーション「音泉」にて、『YRAラジオヤマト』のタイトルで2012年3月26日から配信中。隔週月曜日更新、全26回予定。

前半では内田彩が岬百合亜によるヤマトの艦内放送を再現し、後半では彼女がAU09 / アナライザー役のチョーと共にリスナーからのメールに答えるという内容になっている。

コラボレーション 編集

東放学園映画専門学校
2012年3月26日に、公開授業イベント「『宇宙戦艦ヤマト2199』×東放学園“アニメーション制作”公開授業」が開催された[58]
ロッテリア
2012年3月29日から、本作とのタイアップキャンペーンとして「『宇宙戦艦ヤマト』ロッテリアオリジナルクリアファイルセット」が数量限定で発売された[59]

脚注 編集

  1. 詳細は、宇宙戦艦ヤマト#放映と影響を参照。
  2. 朝日新聞デジタル:ワンダバ「ヤマト」 - 小原篤のアニマゲ丼 - 映画・音楽・芸能、2012年4月4日
  3. 『宇宙戦艦ヤマト2199』 2012年4月7日より全国10館でイベント上映バンダイビジュアル、2011年11月14日
  4. この公開形態は、アニメ版『機動戦士ガンダムUC』のそれとほぼ同様である。
  5. 5.0 5.1 松竹、「宇宙戦艦ヤマト2199」特報動画を公開、RBB TODAY、2011年12月2日
  6. 詳細は、宇宙戦艦ヤマト#知的財産権に関する特記や、宇宙戦艦ヤマト 復活篇#概要を参照。
  7. 【インタビュー】出渕裕監督が語る新たなるヤマトの魅力 - 『宇宙戦艦ヤマト2199』、4月7日上映開始 (1) リメイクに至った経緯 | ホビー、マイナビニュース、2012年4月5日
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 朝日新聞デジタル:ヤマトとアホ毛と青い顔 - 小原篤のアニマゲ丼 - 映画・音楽・芸能、2012年2月29日
  9. 9.0 9.1 どの娘が好み? 新たなヤマトには森雪以外にも美人クルーが 主計科士官の山本玲はミステリアスな雰囲気、ニュースウォーカー、2012年4月6日
  10. 10.0 10.1 10.2 10.3 10.4 10.5 10.6 10.7 【インタビュー】出渕裕監督が語る新たなるヤマトの魅力 - 『宇宙戦艦ヤマト2199』、4月7日上映開始 (2) ストーリーを再構成するにあたって | ホビー、マイナビニュース、2012年4月5日
  11. 11.0 11.1 11.2 11.3 小野大輔ら声優陣も出席「『宇宙戦艦ヤマト2199』発進式」レポ - ニュース - アニメイトTV、2012年2月22日
  12. 2011年11月12日午前8時、ヤマトクルーに集え!、YAMATO CREW、2012年4月5日
  13. スペシャル|宇宙戦艦ヤマト2199、公式サイト、2012年4月5日
  14. 宇宙戦艦ヤマト2199 この作品は偉大である。[出渕裕]、YAMATO CREW、2012年4月5日
  15. 宇宙戦艦ヤマト2199 イントロダクション[氷川竜介] | YAMATO CREW、2012年4月5日
  16. 宇宙戦艦ヤマト2199 作品概要、YAMATO CREW、2012年4月5日
  17. 2012年2月18日「宇宙戦艦ヤマト2199」イベント開催決定!!、YAMATO CREW、2012年4月5日
  18. 宇宙戦艦ヤマト2199オープニング絵コンテは庵野秀明氏!、YAMATO CREW、2012年4月5日
  19. 商品紹介|宇宙戦艦ヤマト2199、公式サイト、2012年2月22日
  20. 20.0 20.1 宇宙戦艦ヤマト2199OP主題歌は ささきいさおに決定!!、YAMATO CREW、2012年4月5日
  21. 入場者特典として配布された「宇宙戦艦ヤマト乗組員IDカード」の表記は、「戦術科三尉 / Ensign」、「航海科三尉 / Ensign」、「技術科三尉 / Ensign」が確認されている。
  22. 宇宙戦艦ヤマト2199PV第二弾公開!、YAMATO CREW、2012年4月5日
  23. 23.0 23.1 23.2 「ヤマト2199」 上映、配信、BD/DVD同時展開 TV放送は2013年以降に アニメ! アニメ! ビズ 2012年2月29日
  24. 本日24:15 NHK総合”MAG・ネット”で2199発進式レポート放送予定!、YAMATO CREW、2012年4月5日
  25. 古代進役の小野大輔は、番組のナビゲーターキャラクターである蝶伝寺さすけ役やさてつ役を演じている縁から、番組内でも改めて本作への思い入れを語っている。
  26. 本日20:30 東京MX”アニメTV”で2199発進式放送予定!、YAMATO CREW、2012年4月5日
  27. 2199発進式 特別上映会in名古屋・大阪開催決定!、YAMATO CREW、2012年4月5日
  28. 入場者特典として配布された「宇宙戦艦ヤマト乗組員IDカード」の表記は、「戦術科三尉 / Ensign」のみである。
  29. 29.0 29.1 この模様は、第二章「太陽圏の死闘」のBD / DVDの映像特典として収録される。
  30. 宇宙戦艦ヤマト2199特集、バンダイチャンネル、2012年3月31日
  31. MAG・ネット - 番組プレイバック、MAG・ネット、2012年4月8日
  32. 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会: 「メガミマガジン5月号」に「ヤマト2199」美少女ク ...、宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会、2012年4月10日
  33. GoodsPress 5月号、本日発売です!、GoodsPress Online Editors Blog、2012年4月10日
  34. 「週刊ヤマト」創刊?! 「週刊ポスト」にヤマトの大特集が出現 - 9843 -、アニメ!アニメ!、2012年4月10日
  35. キャラクターデザイン設定画に記載された年表記より。
  36. 階級名は日本の海上自衛隊での呼称に準じている。
  37. 公式サイトのキャラクター紹介では初期に、一尉である雪と三尉である相原と太田の肩章が金「II」、二尉である山崎の肩章が金「III」、三尉である山本の肩章が銀「I」となっていた。後に雪、相原、太田、山崎の肩章は正しく改められたが、山本の肩章はまだ改められていない。
  38. 第1話では、テロップにもパンフレットにも、「南部康隆」と誤載されている。
  39. 大企業の御曹司、ヤマト乗艦を家族に反対されるなど、『宇宙戦艦ヤマトIII』の揚羽武に似た設定が付加されている。
  40. どの娘が好み? 新たなヤマトには森雪以外にも美人クルーが お姉さま的な魅力の27歳、ニュースウォーカー、2012年4月6日
  41. ヤマト乗艦の前、加藤が戦友であった明生の仏壇に線香を上げに行っている。
  42. 姓名こそ旧作の山本明と同じ読みであるが、家族を失っている、希望外部署への配置、上司が平田など、『宇宙戦艦ヤマトIII』の土門竜介に似た設定が付加されている。
  43. 肩章によると下士官待遇である。
  44. どの娘が好み? 新たなヤマトには森雪以外にも美人クルーが 衛生士・原田真琴。おっちょこちょいなところも魅力的、ニュースウォーカー、2012年4月6日
  45. どの娘が好み? 新たなヤマトには森雪以外にも美人クルーが ロリっぽい雰囲気の岬百合亜、ニュースウォーカー、2012年4月6日
  46. 山南の下の名前は『ヤマトよ永遠に』での声優の小林修と同じである。
  47. 『YRAラジオヤマト』第2回(2012年4月9日配信)でチョーが発表。
  48. ヤマトポータル | 宇宙戦艦ヤマト2199、2012年2月22日
  49. 『YRAラジオヤマト』第1回(2012年3月26日配信)で、チョーがガンツも演じていることを発表した。旧作と同様に、薮、アナライザー、ガンツの3役を同一声優が演じることになる。
  50. 38年の時を経て、『宇宙戦艦ヤマト2199』発進! 主題歌はささきいさおが担当 | ホビー、マイナビニュース、2012年4月4日
  51. 『宇宙戦艦ヤマト2199』特番オンエア決定!、YAMATO CREW、2012年4月5日
  52. 宇宙戦艦ヤマト2199 公開記念特別番組~新生ヤマト発進宣言~、ファミリー劇場、2012年4月6日
  53. 宇宙戦艦ヤマト2199 [#1]、ファミリー劇場、2012年4月6日
  54. 上映情報|宇宙戦艦ヤマト2199、公式サイト、2012年2月19日
  55. ニュース|宇宙戦艦ヤマト2199、公式サイト、2012年2月19日
  56. [芹那]「私も乗艦したいです!」 リメーク版「宇宙戦艦ヤマト」の声優希望 | ホビー、マイナビニュース、2012年4月8日
  57. 『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章初日舞台挨拶レポート、YAMATO CREW、2012年4月10日
  58. 『宇宙戦艦ヤマト2199』×東放学園“アニメーション制作”公開授業、学校法人東放学園、2012年3月26日
  59. ~ロッテリアと「宇宙戦艦ヤマト2199」のタイアップキャンペーン~『「宇宙戦艦ヤマト2199」ロッテリアオリジナルクリアファイルセット』2012年3月29日(木)より数量限定販売開始!、ロッテリア、2012年3月31日

外部リンク 編集