FANDOM


古代 守(こだい まもる)は、アニメ宇宙戦艦ヤマト』に登場する、架空の人物。(広川太一郎)実写映画版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』での俳優は堤真一


古代進の兄。2171年生まれ。ガミラスとの戦闘時、沖田十三率いる地球艦隊所属のミサイル艦「ゆきかぜ」艦長。ヤマトよ永遠にでは地球防衛軍先任参謀。真田志郎とは同期で親友。


宇宙戦艦ヤマト 編集

西暦2199年、冥王星宙域での会戦で、護衛隊長としてミサイル駆逐艦に搭乗、艦隊司令沖田十三の命令に背いて撤退する旗艦の殿を務め、ガミラスの艦隊に特攻をかけた。その際、「明日のために今日の屈辱に耐えろ」という沖田に対し、「一つでも多くの敵を倒して死んでいくのが男だ」との思いを語っている。この時ガミラスの捕虜になるが、途中収容された艦が事故に遭い、イスカンダルの女王スターシャに救助される。怪我と宇宙病で「死体同然」の病状から、イスカンダルの高度な医療技術とスターシアの献身的介護によって回復した。ヤマトに同乗して地球へ帰還する予定だったが、スターシャの愛の告白を受け、彼女と共にイスカンダルに残る。真田志郎は訓練学校時代の同期生。

アニメの放映と同時期に『冒険王』に連載された松本零士の漫画では、「キャプテンハーロック」と名乗る謎の人物が登場して、ヤマトの窮地を救う。彼はデスシャドウ号と似た宇宙戦艦を操っていたが、その姿は全身をマントで覆ったサイボーグで、完全なロボット化も間近い体となっていた。部下たちもすべてロボットである。劇中人物の会話から古代守であることは明らかだが、本人が名乗ることはなかった。

又、同じくアニメの放映と同時に発行されたひおあきら画の漫画版でも、やはりキャプテンハーロックとして登場しているが、松本版とは違い素顔を見せていて、最後には自分が古代守だと名乗っている。また、部下たちも人間である。

ちなみに、もしアニメ版が打ち切りにならず、当初の予定通りの放映回数で放映された場合、漫画版同様、キャプテンハーロックとして登場する事になっていて、設定画も描かれている(キー局であるよみうりテレビが地元の讀賣新聞大阪版に掲載した放映開始時の番宣広告にも登場した)。

豊田有恒石津嵐による小説版でもキャプテンハーロックとして登場するが、古代兄弟は実の兄弟ではない。守は子供のいない古代家に養子に出され、その後に古代夫妻の実の子である進が誕生したのだが、兄弟たちにもその事実は隠されており、進は最後までその事実を知ることはなかった。

宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 編集

スターシャと結婚。長女サーシャをもうける。妻子と共にイスカンダルから脱出しようとするが、スターシャは自らの意思でイスカンダルの自爆に向かい、守とサーシャだけがヤマトに収容される形となった。

ヤマトよ永遠に 編集

前作でイスカンダルから地球に帰還して、サーシャ真田に預け自身は地上任務に就いていたが、暗黒星団帝国が地球を占領した際に、負傷し捕虜となる。2203年に、地球防衛軍長官藤堂平九郎を逃がすために、処刑される直前に自爆し死亡した。死ぬためだけに出てきたような顔見せ出演であり、声を担当した広川太一郎も苦言を呈している。

プレイステーション2版 宇宙戦艦ヤマト 編集

『遙かなるイスカンダル』ではTV版とほぼ同じ扱いであるが、『新たなる旅立ち』のリメイクである『イスカンダルへの追憶』以降の“暗黒星団帝国三部作”では設定を大幅に変更されている。この三部作では、イスカンダルの自爆はなく、スターシャと別れて地球に帰還した後には、ヤマト艦長として暗黒星団帝国との戦いの指揮を執ることになる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。