FANDOM


加藤 三郎(かとう さぶろう)は、アニメ宇宙戦艦ヤマト』に登場する、架空の人物(野村信次山田俊司神谷明)。実写映画版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』での俳優は波岡一喜

宇宙戦艦ヤマトに搭載されている艦載戦闘機隊の隊長。

性格・容姿・能力ともほとんど瓜二つの弟加藤四郎がいて、後にヤマトのコスモタイガー隊隊長の任を引き継いでいる。

テンプレート:ネタバレ

作中での描写 編集

宇宙戦艦ヤマト 編集

ヤマト護衛を主たる任務とする宇宙戦闘攻撃機ブラックタイガーで構成される艦載戦闘機隊(通称ブラックタイガー・チーム)の隊長。直属の上官である戦闘班長古代進に勝るとも劣らぬ熱血漢で、彼の性格をもっともよく理解するクルーの一人。艦載機の操縦の腕前だけでなく、戦闘員としての能力も高く、冥王星前線基地の反射衛星砲爆破やビーメラ星での雪・アナライザーの救出、地球を目前にしたデスラーとの白兵戦などでも活躍を見せている。 戦闘班長である古代をしばしば「チーフ」と呼んでいたが、対等以上の口をきく事もあった。

さらば宇宙戦艦ヤマト 編集

ヤマトが司令部を無視して強行出発した際に、月面基地から、多くの部下を引き連れて、新鋭機コスモタイガーIIで駆けつけ、そのままコスモタイガー隊の隊長に就任する。

白色彗星帝国本体との戦闘で、古代進真田志郎斎藤始らと都市帝国内部への浸入に成功するが、戦闘後古代と共にヤマトに帰還したものの、後部銃座で息絶えていた。

宇宙戦艦ヤマト2(テレビ版)編集

加藤がヤマトに乗り込むシーンは「さらば~」とほぼ同じであり、地球を強行発進してきたヤマトに、月基地からコスモタイガーIIに乗って合流する。

第11番惑星での戦闘でヤマトに乗り組んできた空間騎兵隊の斎藤始とは、気風の違いからしばしば衝突した。

ガミラスの放った宇宙ボタル(実は機械を腐食させる宇宙バクテリア)のため、分析ロボットアナライザーが暴れだした時には、艦医の佐渡酒造を呼んで来てしまうオッチョコチョイな一面も見せた。

都市帝国戦では、映画版とほぼ同じく古代、真田、斎藤らと内部へ侵入し、戦闘後古代・真田を乗せてヤマトに帰還したものの、操縦席で息絶えていた。

その後の作品 編集

「新たなる旅立ち」では、「英雄の丘」の沖田の記念像の前に、白色彗星戦で戦死した徳川彦左衛門、斎藤始、山本明と並び、加藤の記念像(レリーフ)も建立されていた。

また「ヤマトよ永遠に」の、新しい銀河を背景に過去の戦没者たちが次々と現われるシーンで、斎藤始と肩を組みながら登場した。

名前の由来 編集

第二次大戦で活躍した「加藤隼戦闘機隊」の加藤建夫・陸軍中佐とゼロ戦撃墜王「大空のサムライ」坂井三郎・海軍中尉の二人の名前に由来するものと後付されている。松本零士は、名前をつけるときなかなか決まらなくて、同姓同名の指名手配犯1977年10月27日神社本庁爆破事件)の新聞記事が目に留まりそのままいただいたと話しているが、ヤマトの本放送は1974年10月~1975年3月であり、加藤三郎は第1シリーズから登場しているため、この話は時間の前後関係で矛盾している。