FANDOM


ルガール・ド・ザールは、アニメーション映画宇宙戦艦ヤマト 完結編』に登場する、架空の人物。(津嘉山正種)初期設定では、ルガールII世、ルガールJr.。

ディンギル帝国大神官大総統ルガールの長男。ディンギル軍の若き将軍。太陽系制圧艦隊司令官。奇襲攻撃により、地球艦隊を全滅に追い込んだ。冥王星会戦でもヤマトに対し有利に戦ったが、勝利を目前にして波動カートリッジ弾による長距離砲撃を受け、艦隊を移動要塞もろとも失う。からくも退却した後、再度艦隊を率いて再びヤマトを窮地に追いつめるも、波動砲によって逆転、艦隊は全滅した。戦線を離脱し都市衛星ウルクに逃げようとするが、父・ルガールに見捨てられた挙句、ウルクから発せられたニュートリノビーム防禦幕に激突して死亡した。

地球奇襲に際して、無防備な避難船を無警告で撃沈したり、攻撃にわざと間を空け、負傷者を救助させてそこを襲ったりするなど、地球側の国際法を逆手に取った戦法を用いた。