FANDOM


ラーゼラーは、アニメ宇宙戦艦ヤマト』シリーズに登場する、架空の人物。(:曽我部和行(現:曽我部和恭))

白色彗星帝国ガトランティスの軍事総議長兼参謀総長。サーベラーゲーニッツと並ぶ帝国大幹部の一人。

主に、白色彗星帝国が征服した星々の占領政策を担当している。突撃格闘兵団ヘルサーバーのザバイバル将軍は、ラーゼラーの指揮下にあった。慎重な性格で、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では中央作戦室で、ヤマトの危険性を口にしたが、サーベラーにたしなめられた。『宇宙戦艦ヤマト2』では、地球に艦隊を率いてメガロポリス上空に飛来し、地球連邦政府に対して無条件降伏を勧告した。帝国崩壊の責任を取らされる形で、サーベラーおよびゲーニッツと同様、超巨大戦艦に乗艦できず死亡した(他の2名と同じく、明確な今際の描写は無いが死んだ事は間違いない)。

「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」では、青い制服マントを羽織っていた。『宇宙戦艦ヤマト2』では、コートブーツを着用していた。