FANDOM


ラムRam)は、アニメ宇宙戦艦ヤマトIII』に登場する、架空の人物。(木村幌

ボラー連邦の保護下にある、バジウド星系第4惑星バース星の軍人。バース星宇宙艦隊旗艦ラジェンドラ号の艦長。古武士の風格を持つ紳士。「戦う武人としての誇り」を持つ人物で、また故郷バース星が保護国の名目でボラー連邦の支配にある事を決して快くは思っていなかった節がある。地球の領空域における戦闘で宇宙戦艦ヤマトをも交戦に巻き込んだことに責任を感じ、殆ど丸腰でありながらワープによる戦線離脱を選択せず、刀折れ矢尽きるまで戦い抜き、古代進艦長への別れの通信の直後に戦死を遂げた。ラジェンドラ号は爆沈したが、その崇高な道徳精神はヤマト乗組員に大きな感銘を与えた。「バースの軍人は敵に背中を見せるような真似はせぬ」「地球の方々は誰の為に今戦って下さっているのだ、バースの軍人なら命のある限り戦いたまえ」等の発言は、その人格を端的に示すものといえる。

担当の声優は、ヤマトシリーズで、ナレーションや土方艦長役として知られた木村幌。この役の直後亡くなっている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。