FANDOM


メルダーズは、テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』に登場する、架空の人物。

人物設定 編集

暗黒星団帝国マゼラン方面総司令官。謎の支配者グレートエンペラーの部下で、マゼラン方面第一艦隊司令官デーダーの上司。水色の皮膚で、細面で頭髪がない。(:アニメ、ゲーム共:中田浩二

『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』 編集

中盤以降に登場。デーダー旗下の遊動艦隊が壊滅したため、自ら自動惑星ゴルバでイスカンダル星へ赴く。グレートエンペラーには、イスカンダリウム獲得と敵の撃滅を約束した。しかし、前者を最優先し、後者に関しては無駄な交戦を避けるべく、ヤマトとガミラス残存艦隊に警告を行った。デスラーが停戦を拒否したため、ガミラス艦隊のみに反撃を加え、三段空母を撃沈する。

デスラー戦闘空母の捨て身の攻撃でゴルバの主砲を封じられ、デスラーの犠牲を覚悟したヤマトの波動砲攻撃を受けそうになるが、停戦とイスカンダリウム譲渡を呼びかけるスターシャの求めに応じて、戦闘を停止した。しかし、スターシャはイスカンダル星ごと自爆し、メルダーズは乗艦ゴルバごと爆死した。

『イスカンダルへの追憶』(ゲーム) 編集

「メルダース」と改名されており、最終シナリオに登場する。スターシャの屈服までは原作どおりだが、彼女の真意を見抜いた真田とデスラーが機転を利かせ、イスカンダルの暴走を食い止めていたマイクロブラックホールを使ってゴルバの押さえ込みに成功。ヤマト以下の地球・ガミラス連合艦隊は、ゴルバ唯一の弱点であるデスラー戦闘空母が離脱した後の破損孔を狙い撃つことになる。しかし、メルダーズは身動きが取れぬまま大型戦闘機テンタクル・α要塞砲(共にゲームオリジナル)で反撃してくる上に、イスカンダルが暴走を再開、恒星サンザーへ突入しはじめるという、最終シナリオならではの危機的な状況となる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。