FANDOM


ミルは、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(以下、さらば宇宙戦艦ヤマト)及び『宇宙戦艦ヤマト2』に登場する架空の人物。 声優は『さらば宇宙戦艦ヤマト』、『宇宙戦艦ヤマト2』共に市川治。ゲーム版は緒方恵美

テンプレート:ネタバレ

概要編集

白色彗星帝国サーベラーの配下。役職は、『さらば宇宙戦艦ヤマト』では監視艦隊司令。『宇宙戦艦ヤマト2』では帝国支配庁保安部監視官。サーベラーの命令で、デスラー艦に同乗し、デスラー総統の行動を監視する[1]

『さらば宇宙戦艦ヤマト』では、松本零士が直々にデザインを起こしており[2]、目の大きい女性的なイメージのあるキャラクターであったが、『宇宙戦艦ヤマト2』では、眉の太い凛々しい青年にデザインが変更されている。両方とも白色の軍服を着用していたが、微妙にデザインが異なる。この外観の変化に、声を担当した市川治はそれぞれ演じ分けていた。

プレイステーション用ゲームソフト『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では、アニメーターの増永計介によってリデザインされた。劇場版『さらば宇宙戦艦ヤマト』のデザインを基にしており、男装の麗人であるかのような、より女性的な容姿になっている。

劇中での登場 編集

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち編集

彗星帝国駆逐艦の攻撃により身動きが取れなくなったヤマトを、デスラー砲によって自国の駆逐艦ごと吹き飛ばそうとするデスラーに、「大帝からお預かりした船」であることを主張して抗議する。結果的にヤマトは小ワープでデスラー砲をかわし、駆逐艦だけが消滅。ヤマトはデスラー艦に激突し白兵戦に持ち込む。

白兵戦によって敗色濃厚な中、大帝ズォーダーにデスラーがヤマトに敗北したことを報告するため、退艦しようとしたところを背後よりデスラーに撃たれる。瓦礫に埋もれ息絶えたかに見えたが生存しており、デスラーを狙撃するが、その凶弾はデスラーをかばった森雪に命中してしまう。激昂したデスラーによって弾を数発撃ち込まれ殺された。

宇宙戦艦ヤマト2編集

デスラーを監視する立場として、もとより好感を抱く相手では無いところに、デスラーの奔放な言動に翻弄されていた。タランとデスラーの会話に出てきた作戦暗号の意味を問いただすも、デスラーにはぐらかされる。

空洞惑星に拘束したヤマトをデスラー砲で葬り去ろうとしていた時、ゲーニッツ総参謀閣下の連絡を受ける。それはズォーダーの命を騙る帰還命令であった[3]その後、彗星帝国の直接連絡を取り次ぐ。[4]この結果、デスラーは今一歩のところでヤマト撃破に失敗する。激怒したデスラーはデスラー砲発射装置のトリガーを床に叩きつけ、それが跳ね返ってミルは額に怪我をする。その後、大帝の命令に背いたとし出頭しなけらばならないと旨伝える。その後、デスラー艦隊と共に都市帝国に帰還する。以後、劇中の画面には登場しない。

サーベラーら帝国幹部のデスラー失脚の策謀に結果的に加担することになるが、それはミル自身が意図した訳で無く、彼の監視官としての職務を忠実に果たしことによるものであった。

脚注 編集

  1. ミルの役職である、監視艦隊司令や監視官といったポストは、ソビエト連邦軍等に存在する、政治将校に近い役割を持つものである。
  2. 『宇宙戦艦ヤマト画報』(竹書房、2001年)
  3. このとき大帝の命令である事を確認する旨の台詞がある。
  4. この直接連絡はサーベラーからである。

参考文献 編集

テンプレート:Anime-stub