FANDOM


マザー=シャルバートは、テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマトIII』に登場する、銀河系中心部における信仰の対象、または、はるか昔に強大な科学力と武力によって銀河系を征服・支配していた星間国家シャルバート、もしくはその本星シャルバートの女王のこと。

黒いワンピースを着た細身の長身で、栗毛色の長い髪をもつ20代から30代前半くらいの美しい女性の幻としてシャルバート信者の前に現れる。

シャルバート星の人々は、武器によっては本当の平和と愛をもたらすことはできないとの考えにいたったため、いつしか戦争を放棄し、攻められても殺されても絶対に戦わないという思想にたどりつき、武器をシャルバート王家の谷に永久に葬り、人々の心の中に生きる女王「マザー=シャルバート」の信仰を銀河系に広げることになった。

歴代女王が「即位」するための玉座は王家の谷の墳墓の近くにあり、ルダ王女も玉座のマザー=シャルバートの幻と一体となって即位した。