FANDOM


ディンギルの少年(ディンギルのしょうねん)は、アニメーション映画宇宙戦艦ヤマト 完結編』に登場する架空の人物。(伊倉一恵

実はディンギル帝国大神官大総統ルガールの次男。即ちルガール・ド・ザールである。 ディンギルでの名前はあると思われるが作中では言及されることはなく、各種資料ではディンギルの少年、ヤマト乗組員は坊や(ぼうや)と呼んでいた。

ガルマン・ガミラス本星付近からの無差別ワープディンギル上空に現れたヤマトから発進したコスモハウンドにより大規模な洪水から救出された唯一のディンギル人。 ヤマトの最後となる航海に密航し、艦内では佐渡酒造の食料をつまみ食いしたりしており、森雪に懐いていた。冥王星海域での戦いで、地球側駆逐艦が自らヤマトの盾となって沈むのを見て、ディンギル人の教えには無かった自己犠牲の精神を知る。

都市衛星ウルクの神殿(ジグラット)内で古代進をコントロールシステムまで案内し、ルガールと古代進が銃を向け対峙した際、 古代進をルガールの銃撃からかばって、父であるルガールに射殺された。