FANDOM


シュルツは、アニメ宇宙戦艦ヤマト』に登場する、架空の人物。(大林丈史

ガミラス冥王星最前線基地の司令官で、ヤマトに立ちふさがった最初のガミラス人。副官はガンツ

ガミラスの地球移住計画を第一線で指揮し、遊星爆弾地球を攻撃し、地表に放射能を充満させた。地球は人類滅亡まで1年を切り、存続の危機に見舞われた。しかし、イスカンダルスターシアによって地球に波動エンジンがもたらされ、ヤマトが発進する。ヤマトの出現は、ガミラスの優勢の内に進んでいた戦争の状況を一変するものであった。

ヤマトが地球の宇宙船として初めてワープに成功し、波動砲で一撃のもとに木星浮遊大陸を粉砕する様を目の当たりにしたシュルツは、ガミラス本国のデスラー総統、ヒス副総統に早急な対策を具申するが、地球人類を未開の野蛮人として歯牙にもかけないガミラス首脳部に却下され、やむを得ず冥王星基地にヤマトをおびき寄せ、麾下の艦隊、反射衛星砲などであと一歩のところまで追い詰めた。しかし詰のところで過信が油断を生み、決死の覚悟のヤマトに逆転を許し、衛星砲はおろか冥王星基地までも失ったシュルツは、デスラー総統の「戦って死ね」の一言で完全に退路を断たれる。

基地を脱出した残存艦隊で、補修のためにアステロイドベルト(第10番小惑星帯)に潜むヤマトに対し最後の決戦を挑んだシュルツは、包囲に成功したもののアステロイドリング防御を前に進退窮まり、ついに特攻を決意する。「我らの前に勇士なく、我らの後に勇士なしだ」の演説の後、シュルツ艦隊はヤマトに体当たりを敢行するが、アステロイドリングにはばまれ、ことごとく撃沈。シュルツも自艦で特攻するが、ヤマトのロケットアンカーによって、シュルツ艦は、小惑星に叩きつけられ爆発、壮烈な戦死を遂げた(劇場版1作目では冥王星基地と運命を共にした)。

なお、ガミラス人の皮膚は青色であるが、テレビアニメおよび映画に登場したシュルツ(ガンツやその他の部下も)の皮膚は肌色であった。ただ、ガミラス総統デスラーや副総統ヒスも当初は肌色の皮膚で登場しているほか、後に作成されたゲームでは青色の皮膚に修正されていることから、同民族異人種ではなく単なる設定ミスだと受け止められている。

PSゲーム「宇宙戦艦ヤマト -遥かなる星イスカンダル-」ではコルサックと言う名の兄が登場する(ゲームオリジナルキャラ)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。