FANDOM


サーベラーは、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』及び『宇宙戦艦ヤマト2』に登場する架空の人物。(小宮和枝(さらば宇宙戦艦ヤマト):小原乃梨子(宇宙戦艦ヤマト2):氷上恭子(ゲーム版 さらば宇宙戦艦ヤマト)

概要編集

白色彗星帝国ガトランティスの最高幹部。実質的なNo.2。『さらば宇宙戦艦ヤマト』では総参謀長、『宇宙戦艦ヤマト2』では、帝国支配庁長官として登場する。

ガトランティスの男性は、肌の色が緑色であるが、彼女は『さらば宇宙戦艦ヤマト』では明るい灰色で銀髪。白いレオタード形のコスチューム。『宇宙戦艦ヤマト2』では肌色で黒髪。青が基調のドレスと赤が基調のドレスを身にまとっていた。[1]

性格は、冷酷で高慢。魔女的雰囲気を漂わせる美女。

劇中での登場 編集

さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち編集

テレサを解放したヤマトに危惧の念を口にしたラーゼラーを臆病者呼ばわりする。また、デスラーに対して快く思っておらず、監視艦隊司令ミルをつける。

宇宙戦艦ヤマト2編集

ズォーダー大帝と同盟したデスラーを、自分の地位を脅かすものとして恐れた。同時にデスラーを嫌っており、彼を監視するため、ミルをガミラス残存艦隊に同行させ、ゲーニッツ、ラーゼラーと共謀しデスラー追い落としの陰謀を企てる。

デスラーを大帝の命令と偽って都市帝国に召還させ、一方、大帝には「デスラーが戦場離脱した」と嘘を吹き込み、秘密裏に暗殺するために幽閉する。また大帝には罪を自白したと更なる嘘を吹き込み、デスラーへの不信を促した。太陽系侵攻直前、軍事法廷を開くために連行しようとした一瞬の隙を突かれ、デスラーとタラン将軍の逃亡を許す。これに激怒したサーベラーは、追撃のために艦隊を派遣しようとするが、デスラーの決死の行動と陰謀を理解したズォーダー大帝によってデスラー追い落としの陰謀は画餅に帰した。

ヤマトの決死隊が都市帝国に侵入した際、ズォーダーに報告しようとしたゲーニッツを制止、「あんな子供など」と見下し、自分達で始末できると驕り高ぶり独断行動を取った為に、多くの兵士を失い、結果として要塞都市崩壊を導くことになった。彼女の驕りと度重なる独断、それによって多くの兵が命を落としたことに遂に憤怒した大帝に、それまでの行動の責任を取らされ「お前達のような部下は要らん!」と断罪される。ゲーニッツラーゼラーらと共に超巨大戦艦への乗艦を拒絶され、情けなく泣き喚くという醜態を晒しながら要塞都市崩壊の炎の中に消えた(死亡の明確な描写はされていないが、要塞都市崩壊の状況からいけば死亡という事には間違いは無いだろう)。

ゲーム版『さらば宇宙戦艦ヤマト』編集

ゲーニッツと共に潜宙戦艦(ゲームオリジナルメカ)で逃走を試みたが、デスラーに捕捉され、デスラー砲の復讐の一撃を受けて艦ごと消滅した。なお、ゲーム版のコスチュームはさらに露出度が上がっている。

脚注編集

  1. 彗星帝国が征服した被支配民族の出身、或は性別差などの推定はできるが、彼女以外にガトランティス人の女性が登場しないため確認は不可能である。

テンプレート:Anime-stub