FANDOM


コズモダード・ナスカは、アニメ宇宙戦艦ヤマト2』に登場する架空の人物。(石丸博也

概要編集

白色彗星帝国バルゼーの配下。侵略の先兵である前衛艦隊の司令。旗艦高速中型空母に座乗。地球防衛軍に様々な攻撃、破壊工作を行い、それで得られた情報を報告している。

なお、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』ではサーベラーの初登場場面でその存在を語っている。 テンプレート:ネタバレ

劇中での登場 編集

地球へ帰還途中の太陽系外周第3艦隊を襲撃。宇宙戦艦ヤマトをはじめ、地球艦隊が満足に応戦できなかったことからヤマト(地球防衛軍)を弱小と侮り、また自軍の戦闘力を過信する。[1]また、金星のエネルギー基地に破壊工作を行い、地球全土及び太陽系の各惑星の地球防衛軍基地を停電させ混乱させている。

本星の侵攻に先んじて太陽系第11番惑星に前線基地を設置する為、空間騎兵隊第11番惑星派遣隊長・斎藤始率いる守備隊に対し、艦載機と装甲歩兵戦闘車隊による奇襲攻撃を行い基地を破壊し、空間騎兵隊を全滅寸前まで追い込む。

空間騎兵隊のSOS発信を受け、友軍の救援に向うヤマトと、再度対峙することになる。改修によって強化されたヤマトの長距離攻撃に、差し向けた大戦艦5隻中3隻が轟沈。座乗する高速中型空母も、ヤマトの砲撃に脅かされる。さらに残存した3隻の大戦艦もヤマトに全く損害を与えず撃沈、艦隊は壊滅。その光景に恐れ慄いたナスカは、艦載機や地上部隊を残して命からがら戦線を離脱。その後、恥も外聞も捨ててデスラーにズォーダー大帝への執り成しを要請するも、デスラーは取り合わなかった。その後、起死回生を賭して2隻の潜宙艦でリターンマッチを挑むが、ヤマトの機雷とコスモタイガーの攻撃によって2隻とも撃沈され戦死。ヤマトに登場する異星人には珍しく、姓或いはミドルネーム(コズモダード)を持つが理由は不明。フルネームで呼ばれるルガール・ド・ザールと異なり劇中では単にナスカ司令と呼称されている。[2]

テンプレート:ネタバレ終了

脚注編集

  1. この攻撃は、友軍・デスラー総統からの警告でヤマトを試した節があるような劇中描写がある。
  2. プレイステーション用のゲームソフトでも同様の位置付けで登場する。座乗する高速中型空母には「エウレカ」との名称がある。

関連項目 編集

参考文献 編集

テンプレート:Anime-stub