FANDOM


グスタフは、宇宙戦艦ヤマトIIIに登場するガルマン・ガミラス帝国北部方面艦隊司令官。右側の額と右ほほに過去の白兵戦によると思われる縦の切り傷が残っていることが示すように根っからの武人であるが、ドメル将軍と異なり直情型の性格の人物である。声は蟹江栄司が担当。

階級は中将であるが、ガミラスやガルマン・ガミラスの他の将官はほとんど将軍と呼称されており、彼だけが中将と呼称されている理由は不明である(なお、作中での呼称は全て将軍であっても、他のガルマン・ガミラスの将官も襟のデザインから少将〜大将の階級は存在する事が推測される)。

テンプレート:ネタバレ

スーパーサイコエネルギーで幻を見せたことで、第2の地球を発見できたとヤマト乗組員に空しい期待を抱かせた惑星ファンタムデスラー総統にとっては、帝国の名誉に泥を塗ると同時に、ヤマト乗組員を惑わした赦せない星でしかなかったため、グスタフ中将に「消してしまう」(=惑星破壊プロトンミサイルで「処刑」する)ように命じた。グスタフ中将の旗艦は、惑星破壊プロトンミサイル母艦であった(放映初期のものと仕様が異なる)。ヤマト艦長古代進の要請を振り切り、ファンタムを一発で「処刑」した。ヤマトの武勇伝を知っていた節があり、ファンタムの件を契機にヤマトに対し闘争心を燃やす。ルダ王女の引渡しを口実にヤマトに戦いを挑もうとするが、ボラー連邦の行動を知ったデスラー総統の緊急通信で制止され、デスラーの主力艦隊到着までハーキンス中将率いるボラー連邦前衛艦隊からヤマトを死守するよう命じられる。艦艇数にて圧倒的、まさしくボラー的艦隊戦術の理想形ともいえる布陣を敷く巨大艦隊のまえに極めて不利な戦いを挑まざるをえず、かつまた自陣に有利な戦法を取ったのではたちまちヤマトが危険に晒される状況を見据え、本来ならばボラー連邦艦隊に対しては「禁忌」ともいえる戦法であるが、敢えてヤマトを狙うボラー艦隊の正面に立ちはだかる。五月雨のようなボラー艦隊の火線に突撃する彼の表情は、その行動が意味するものを既に理解し、自己犠牲の覚悟を滲ませていた。劣勢を覆せぬまま、一隻、また一隻と艦艇を失い、敗北近しを悟ったグスタフは最終的に全艦体当たり突撃をかけ、敵艦隊を誘爆に巻き込みつつ、自らも旗艦でハーキンスの旗艦に体当たりし、惑星破壊プロトンミサイルの爆発に巻き込み、自軍を相打ちさせて遂にボラー前衛艦隊を全滅させた。体当たりの直前にヤマトに通信を送り「一度でいいからヤマトとは正面から戦ってみたかった」と言い残し戦死した。

「ヤマト2」や「新たなる旅立ち」に登場する、バレルド・アクション将軍(設定名グラーフ・シュパー将軍)の設定画をほぼそのまま流用したキャラクターである。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。