FANDOM


ガンツは、アニメ宇宙戦艦ヤマト』の登場人物。声の出演緒方賢一

ガミラス冥王星基地副司令官として、司令官のシュルツを補佐する。劇中ではそれ程明確には表現されていないが、内心ではシュルツを追い落として司令官の座を狙っているという設定であった。シュルツの命令の下、遊星爆弾による地球攻撃を始め、巨大ミサイル、高速空母によるヤマトへの攻撃を指揮した。冥王星基地での戦いでは、反射衛星砲でヤマトを苦しめるが、ヤマトの特別攻撃隊により、冥王星基地を失った。シュルツ艦隊と共に遁走するが、デスラーの「戦って死ね」という言葉を受け、シュルツと共にヤマトへ体当たりを敢行するが、目的を果たせず戦死する。最後はシュルツの演説に感涙し、運命を共にした。

ガミラス人にはめずらしい肥満体。

ゲーム版(『遥かなるイスカンダル』)では、シュルツの命で戦線を離脱。ヤマトの脅威を伝えるべくガミラス本星に向かう。途中シュルツの兄コルサック(ゲームオリジナルキャラ)やドメル将軍と出会ってヤマトのデータを渡す。そして異次元断層で、ドメルから拝領した小艦隊を率いて、ヤマトに復讐戦を挑んでくる。

なお、ガミラス人の皮膚は青色であるが、テレビアニメおよび映画に登場したガンツ(上官のシュルツや部下たちも)の皮膚は肌色であった。ただ、ガミラス総統デスラーや副総統ヒスも当初は肌色の皮膚で登場しているほか、後に作成されたゲームでは青色の皮膚に修正されていることから、同民族異人種ではなく単なる設定ミスだと受け止められている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。