FANDOM


ガイデルは、アニメ宇宙戦艦ヤマトIII』に登場する、架空の人物。(柴田秀勝

ガルマン・ガミラス帝国東部方面軍司令長官。配下にダゴン将軍、フラーケン大佐がいる。旧ガミラス出身ではなく、デスラーボラー連邦からガルマン民族を解放した独立戦争の過程で入隊し、累進していったようである。

襟章の数から見て階級は大将と思われる。作中では提督と呼称されている。ガミラス/ガルマン・ガミラスの将官はほとんど将軍と呼称されており、彼のみが提督と呼称される理由は不明である。

軍人としては、やり手で、ボラー連邦の保護下に入ったバース星の艦隊を撃破したことに代表されるように自分の担当する戦線で優位に戦闘を進め、ガルマン・ガミラス帝国の支配圏拡大に辣腕を振るっていた。

しかし、ダゴン将軍率いる第18機甲艦隊がバース星艦隊と交戦する中で、戦線は拡大。デスラーから、進出を控えるように命令されていた銀河系オリオン腕最辺境の太陽系までも侵略の対象にしていくことになった。デスラーにヤマトと交戦していることを知らせなかったために、デスラーは自分の部下がヤマトと戦っていることを知らなかったばかりか、東部方面軍に対して、二連三段空母次元潜航艇など新兵器を供与していた。前述の最新鋭機を持たせたにも関わらずダゴンがヤマトに破れ、フラーケンを呼び、次元潜航艇の攻撃で古代が負傷したことにより戦闘指揮が取れなくなったヤマトは、ガイデルの東部方面要塞に捕らえられる。鬼の首を取ったように喜ぶガイデルは、全員で喜びを分かち合おうと、要塞の軍人全員を広間に呼ぶ。そして大型モニターに写るデスラーに誇らしげに、ヤマトを捕獲したことを報告すると、デスラーは、手にしたグラスを床に叩きつけて、激怒した。総統の怒りを買うことになるとは神ならぬ身の知る由もなかったと言えよう(言い換えれば、デスラーに褒められるところを逆に激怒され、ガイデルは他の軍人に対しての面目を潰したと考えられる)。非礼を詫びる為、ガルマン・ガミラス本星へヤマトを案内することを言いつけられるが、その後の彼の活動は不明。即刻死刑に処されるには至らなかった辺り、デスラー総統自身の度量も以前よりは増していたといえるだろう。

劇中においては、頭を蒸しタオルで蒸かせてくつろぐことを好んでいた。

また、宇宙戦艦ヤマトに対して完勝を収めた全シリーズを通しても非常に稀有な存在でもある。