FANDOM


イスカンダル英語:Iscandar)は『宇宙戦艦ヤマト』に登場した架空の惑星。または同惑星に栄えた文明国家

名前の由来は、SF設定の豊田有恒が、インド語の『アレキサンダー大王』から名づけたと語っている。「秋田文庫 宇宙戦艦ヤマト1:松本零士著(秋田書店)解説」

劇中での描写 編集

ガミラスの攻撃により滅亡の淵に立たされた地球人類に、イスカンダルのスターシャは、波動エンジンの技術を提供し、放射能除去装置コスモクリーナーDを取りに来るようにメッセージを伝える。このメッセージを受け、沖田十三率いる 宇宙戦艦ヤマトはイスカンダルへと旅立つ。

惑星の特徴 編集

地球からの距離は148,000光年大マゼラン星雲サンザー太陽系第8番惑星で、軌道半径は約3億km。直径は1万6,600km。宇宙空間からの外観は非常に美しく、実際に大気組成や動植物などの生態系は地球と酷似している。なお、地表面の大半がで覆われており、陸地はごく僅かである。

しかし、その外見とは裏腹にガミラス本星同様死期が迫った年老いた惑星である。既に惑星全体が極めて不安定な状態にあり、陸地が極めて少ない地形も地殻変動によって大陸の殆どが海に没した結果である。

ガミラス本星とは二重惑星(二連星)である。イスカンダル特有の、イスカンダリウムという資源放射性物質)を豊富に埋蔵している。

イスカンダルの歴史 編集

イスカンダルは、かつてガミラス帝国以上の科学力を誇っていたが、種族としてすでに滅亡しており王族の末裔であるスターシャサーシャの姉妹のみが暮らしていた。絶大な科学力を誇っていた名残として波動エンジン、コスモクリーナーDなどの設計図があるが、文明が滅んでいるイスカンダルではそれらを製造及び組み立てる技術力はすでに失われていた。

ガミラス同様に死期が迫っているが、侵略という形で生存の道を模索したガミラスとは異なり、星と運命を共にする道を選択しており、沖田の「地球に来ないか」との提案も拒否している。

暗黒星団帝国が襲来した際、イスカンダル人最後の生き残りであるスターシャによって惑星そのものが爆散し惑星、種族として完全に滅亡するが、イスカンダル人のスターシャと地球人の古代守とのハーフである娘のサーシャ(真田澪)が生き残る。

プレイステーションソフトの『松本零士999』では、何故か復元(?)されて登場している。

イスカンダル人 編集

イスカンダル人は幼少期の成長が非常に早く数年で成人する。成人後は極めて長命であるようである。イスカンダル人の男性は登場していないので不明だが、女性は金髪で非常に美しい。地球人類との混血児も生まれていることから極めて近いDNAを有していると推測される。スターシャとサーシャのみが純粋なイスカンダル人であるが、スターシャと古代守との娘のサーシャ(真田澪)も強くイスカンダル人の特徴を受け継ぐ。

主要人物一覧編集

兵器及び関連技術 編集

補足 編集

アラビア語などでギリシア語の「アレクサンドロス」に対応する人名としてイスカンダル(Iskandar)があるが、宇宙戦艦ヤマトのイスカンダルのラテン文字綴りはIscandarである。これは、英語版の『Star Blazers』では(プラネット・)イスカンダーと読む為であると思われる。

日本コロムビアから発売されている「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」の曲名表記によれば、「イスカンダル」の綴りはISKANDALLとなっている。 同様にスターシャの綴りはSTASHA、サーシャはSASHIAとなっている。

うる星やつら』1話においてその名が登場している。主人公の諸星あたるが地球支配を企むインベーダーと戦うよう強要された際、「鬼と戦って死ぬぐらいならイスカンダルへ行った方がマシだ!」と拒絶していた。

(参考 :英語版Wikipediaの宇宙戦艦ヤマト

No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はイスカンダル (宇宙戦艦ヤマト)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。